大変なマイナンバー業務を収集代行にお任せ

マイナンバー制度が本格的に始まりました。

全ての企業は、全従業員のマイナンバーを収集し、保管、管理をして各書類に記入していかなければなりません。



しかも、この番号を記載することになる書類は今後も増えていくことが予想されています。

そうなってくると問題なのが、関連業務です。

東京新聞の情報を簡単に探すことができます。

個人情報保護法と比較しても厳しい法律によって業務が定められ、ガイドラインも出ているのでこれを守って収集などを行わなければなりません。

業務は従業員数に応じて増えていくので、労力もかなりのものとなりますし、同時に漏洩などのリスクも高まってきます。

場合によっては設備などに投資も必要となるかもしれません。


そんな時に強い味方になるのが、マイナンバーを収集代行してくれるサービスです。収集代行とはその名前の通り、企業に代わって従業員の番号を収集し、管理してくれるサービスとなります。


もちろん無料とはいきませんが、収集を自社にて行うために必要な投資や人件費を考えれば、その費用はかなり安いものとなることが多いでしょう。

マイナンバーの収集代行関する情報探しのお役に立つサイトです。

特に、従業員数が多かったり、遠隔地に拠点が多くある企業などはコストメリットが大きくなります。


また、収集代行サービスでは専門家によってきっちりと法に則った収集と管理をしてくれるので、セキュリティ面での心配も自社管理に比べて安心と言えます。


わずらわしく、リスクも多くあるマイナンバー業務を任せられる収集代行サービス。
マイナンバー業務でお困りの場合は、一度検討してみてはいかがでしょうか。